アプリケーション事例

CTスキャナとは

CTスキャナ CTスキャナは放射線などを利用して物体を走査し、
コンピュータ断層撮影(Computed Tomography)を行い、
物体の内部画像を得る機械です。

MRIと比べての利点は、
・検査が短時間かつ、騒音や閉塞感がない
・磁気を使用しないので金属(心臓ペースメーカー等)
   使用者にも施行可能

・画像の乱れが少なく、広範囲の撮影が可能
・普及率が高く、相対的に安価である
等があげられます。

提案製品

FRABA アブソリュートエンコーダ

ロータリーエンコーダ

使用箇所

ベッドの上下前後の位置決め

課題

精度の良い、安価なバッテリーレスエンコーダがほしい。

解決策

FRABAの磁気式アブソリュートエンコーダ

効果

光学式から磁気式に変えたところ、十分な精度で、従来のエンコーダの3割安になった。

FRABA 傾斜センサ

傾斜センサ

使用箇所

ガントリー部分の傾斜検知

課題

従来のポテンショメータ+ギアでは、スペースがとられ、また、初期調整の手間があった

解決策

FRABA社の設定不要の傾斜センサ

効果

省スペース化に成功し、初期設定も不要になった。


 

ソリューション
  • マシナリー
  • 医療
  • 再生可能エネルギー
  • 半導体
  • 建設機械
  • 食品・梱包
  • ロボット
  • 鉄道
  • 船・海洋