アプリケーション事例

直交ロボットとは

直交ロボット 直交ロボットとは2軸もしくは3軸の直交するスライド軸を持つ産業用ロボットで、ガントリーロボットとも呼ばれます。
小さな部品の組み立てや、半導体、医療、薬品の分野で多く使われています。

提案製品

LAPPケーブル

LAPPケーブル

使用箇所

ケーブルベア内の配線

課題

ケーブルが捻転して断線してしまう。

解決策

LAPP社の捻転しない可動用ケーブル

効果

ケーブルの断線がなくなった。

LAPP スキントップ

ケーブルグランド

使用箇所

ロボットのケーブル取出し口

課題

振動によるケーブルグランドのゆるみがあった。

解決策

耐振動ラチェットロック付ケーブルグランドのスキントップ

効果

激しい振動でも、緩まず使用可能になった。

LAPP EPIC

LAPP EPIC

使用箇所

制御盤

課題

振動が多い環境のため、耐環境性のある、堅牢なコネクタが必要だった。

解決策

LAPP社のドイツDIN規格角形堅牢コネクタ

効果

激しい振動環境下でも使用可能になった。

アダプタフレックス社 コンジットチューブ

コンジットチューブ

使用箇所

ロボットの機外配線

課題

可動に強いコンジットチューブの需要

解決策

アダプタフレックス社の可動用コンジットチューブ

効果

軽くて可動に強い上、長寿命化が実現した。

FRABA アブソリュートエンコーダ

アブソリュートエンコーダ

使用箇所

位置決めのアブソリュートエンコーダ

課題

様々なインターフェースに対応したエンコーダがなかった。

解決策

FRABA社のデバイスネット、プロフィバス、CANopen、イーサキャット、プロフィネットなど、各種インターフェースに対応したエンコーダ

効果

様々なエンドユーザのインターフェース要求に対応できた。

ソリューション
  • マシナリー
  • 医療
  • 再生可能エネルギー
  • 半導体
  • 建設機械
  • 食品・梱包
  • ロボット
  • 鉄道
  • 船・海洋