ニュース

Moxa社 次世代産業用侵入防御システム「ICS Security box」(仮称)販売取り扱いのお知らせ

2019.05.29

Moxa社 次世代産業用侵入防御システム「ICS Security box」(仮称)
販売取り扱いのお知らせ


株式会社ケーメックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:亀田 茂子)は、台湾・Moxa社が2019年に発売予定の次世代産業用侵入防御システム「ICS Security Box(仮称)」を取り扱い致します。

企業がIIoTを活用しデジタル化が進む中、産業用制御システム(ICS)は近年急速に発展してきました。従来ICSネットワークは物理的に隔離されており、サイバー攻撃にはあまり影響を受けませんでしたが、最近ではサイバー攻撃の巧妙化が進み、ITおよびOTに関わるすべてのエンジニアは産業用サイバーセキュリティを強化する必要に迫られています。
ICS Security Box(仮称)は、Moxa社とトレンドマイクロ社が設立したIIoT環境向けセキュリティの合弁会社「TXOne Networks」によって開発中の最新コンセプトモデルです。最新のサイバー攻撃の脅威から工場内の重要な設備(機器)を保護し、OTの可視化、制御、サイバーセキュリティの監視と保護を提供します。

------------------------------------------------------------------------

◆「ICS Security Box(仮称)」の特長

  • ミッションクリティカルな装置(機器)を保護

生産・制御設備のコントローラ(コンピュータ、HMI、PLC、マイコン)の前段に配置し、不正アクセスを防止、低スキルレベルの攻撃における脆弱性に対する防御、双方向の保護を提供します

  • IT-OT統合の実現

セキュリティパッチの更新アップデート機能により、異なるプラットフォームのさまざまなバージョンを持つコントローラ機器の脆弱性対策管理の煩雑さを軽減し、保守メンテナンスの効率をアップします サイバーセキュリティの監視保護と同じようにOTの可視化と制御が実現でき、ITとOTのコレボレーションをサポートします

  • ITに詳しくなくても扱えるわかりやすい管理画面

ODC(Operation Dashboard Console*)による集中管理 Webコンソールによる個別管理
* ODCは仮称

◆「ICS Security Box(仮称)」の発売情報

「ICS Security Box(仮称)」は2019年秋以降の発売予定となっております。詳細は弊社担当までお問い合わせください。
------------------------------------------------------------------------
※記載されている内容は発表時点の情報です。予告なしに内容が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。



製品のお問合せはこちら