ニュース

【特集】産業用ネットワークを攻撃の脅威から守るには            第5回:サイバーセキュリティ 導入事例

2019.08.23

 

第5回:サイバーセキュリティ 導入事例

最終回の今回は、これまでご紹介したセキュリティソリューションを効率的に活用しサイバーセキュリティを強化している具体的な施策についてご紹介します。
Moxaは産業用ネットワークで30年以上の経験を持つこの専門知識を活用し、PLC、SCADAシステム、工場ネットワーク、およびリモートアクセスの保護を提供することで、お客様が安全なネットワークを構築できるよう支援します。詳細については、導入事例をダウンロードしてください。

PLCやSCADAを守る

お客様:石油およびガス・サービス企業

課題
大容量の石油およびガスパイプラインは非常に揮発性が高く、全長は数千キロに及ぶことも多くあります。パイプライン沿いのポンプ場には分析計とPLCが設置されています。PLCとI/Oデバイスにはセキュリティ機能がないため、しかし、ステーションとリモートSCADAシステムの間で安全で安定したネットワーク接続の維持は困難でした。



この課題に関する解決策は導入事例をダウンロードしてご覧ください>>


工場のネットワークを守る

お客様:自動車部品工場

課題
同社のマネージャーは、生産工程をデジタル化しようと計画していました。工場で使用されているフィールドデバイスは、制御統合とデータ取得のためにEtherNet/IPプロトコル上で動作しています。しかし、工場のネットワークインフラは大規模で、管理者がすべての装置を監視し、ネットワークトポロジを可視化することは非常に難しいものでした。また、デジタル化実現のためには、生産効率を犠牲にすることなく、現場、ERP、そしてクラウドといったすべてのネットワークを相互接続しなくてはなりません。

この課題に関する解決策は導入事例をダウンロードしてご覧ください>>


セキュアなリモートアクセス

お客様:CNC機械メーカー

課題
ネットワークの稼働時間を最大化すると、マシンの生産性が向上します。そのため、マシンを提供する機械式動力プレスの大手メーカーでは、マシン性能の向上と効果的なトラブルシューティングのため、よりタイムリーで効率的なアフターサービスを提供する必要に迫られました。同社は当初、WindowsベースのRDC技術を採用していましたが、これはセキュリティへのリスクと追加コストがかかります。また、Windowsベースのコンピュータは、それ自体がセキュリティリスクの影響を受けやすく、インターネット接続時には攻撃の可能性がさらに高くなります。

この課題に関する解決策は導入事例をダウンロードしてご覧ください>>