取り扱い製品

前のページへ戻る

Moxa デバイスマネージャアプリケーションプログラムインターフェースMDM API

MDM API機能の概要
●MDM APIは、開発者にMOXAの組込みコンピュータをリモートで管理するコードを記述するためのフレームワークを提供します。
●MDM APIは、ユーザーのアプリケーションと統合することができます。
●MDM APIは、インターネット・アクセスをサポートするために、3層システムアーキテクチャを提供します。
●MDM APIで作成したMDMエージェント機能は、ダイナミックににリンクされ、その機能を提供するためにロードされます。

特徴

MDMコア機能
●DLLネームの取得
●コンフィグレーションファイルの管理
●ファイル転送
●システム実行

MDMエージェント機能
●自動起動
●ファイルマネージャ
●ネットワーク管理
●プロセス管理
●スステム情報
●シェル実行
●時間管理

対応プラットフォーム
●MDMクライアント:x86のPC上のWindows XP
●開発ツール:Visual Studio 2005
●プログラミング言語インタフェース:C/ C++
●MDMゲートウェイ:LinuxとWindows
●MDMエージェント:UC-71xx-LXシリーズを除く、LinuxとWindows XPe、CE用のMoxa組込みコンピュータのすべてのモデル

製品のお問合せはこちら
5~6営業日で当社専任スタッフからご連絡致します。どんなご相談でもお気軽にお問合せ下さい。

前のページへ戻る

会員

会員限定は会員様限定のドキュメントとなっております。

会員登録していただくことでダウンロード可能になります。

すでに会員の方はこちら