取り扱い製品

前のページへ戻る

最大480 MbpsのUSB伝送用が可能なHi-Speed USB2.0Transio A52 53

• ADDC™ (Automatic Data Direction Control)RS-485データ制御
• 自動ボーレート検出
• RS-422ハードウェアフロー制御:CTS、RTS信号
• 電源及び信号状況用のLED表示
• 最大32ノードのRS-485マルチドロップ動作
• 25KV ESDサージ保護
• 2kV絶縁保護(A53)
• 120Ωの終端抵抗内蔵


特徴
Transio A52とA53は様々な技術仕様を備えたRS-232⇔RS-422/485双方向のスマートコンバータです。これはRS-422及びRS-485両方のインターフェースのハードウェアに内蔵されたデータ方向制御、電源及び信号状況用のLED表示、サージ保護と絶縁保護を含んでいます。最後の2つの機能は産業環境のシリアル通信接続で直面するいくつかの大きな問題を解決します。

産業環境におけるシリアル接続の問題
シリアル通信と信頼性は厳しい産業環境において悪影響を及ぼします。シリアル通信デバイスの配線は電源ライン、モーターもしくは静電気を発生さる機器に囲まれています。このようなケースでは、これらの機器から突然発生したサージ波によってシリアルデバイスが損傷することがあります。そのような状況下ではTVSS(Transient Voltage Surge Supression)のサージ保護が解決策になります。

二つのシリアルデバイスが直接接続されているが、距離が離れている時、不安定な接地電圧が深刻な損傷を及ぼすことがあります。不安定な接地電圧は二つのシリアルポート間で『グランド・ループ』を形成して、二つのシリアル機器の間に大量の電流を発生させます。実際、この電流で機器の修理ができないほどの損傷が起こることもあります。そのような状況下では、絶縁保護を使い二つの通信ポートを完全に絶縁することが解決策になります。

サージ保護とは?
サージとは数百万分の1秒だけ存続する高振幅パルスのことです。サージは頑丈な機器、電源ライン、大型のモーターから発生します。サージサプレッサは高いエネルギーを直ちに効率的に吸収し、接続されたデバイスを損傷から防ぐ効果があります。

絶縁保護とは?
電気的保護はフォトカプラを使用し電気信号を光に変換し、もう一方のアイソレータで光を電気信号に再変換します。この方法で、二つの電子回路はお互いに完全に絶縁されます。

シリアル通信 
RS-232信号 Tx, Rx, DTR, DSR, RTS, CTS, DCD, GND (RJ45)
RS-422/485信号 Supports RS-422, 2-wire RS-485 (DIP switch selectable)
Supports 4-wire RS-422, up to 10 nodes, 1.2 km with RTS, CTS
Supports 2-wire RS-485, up to 32 nodes, 1.2 km
光絶縁保護 2 KV (A53), power/signal
電源EFT/サージ保護 25 KV ESD surge protection
RS-422/485 
RS-485データ方向制御 ADDC™
シリアル伝送
ボーレート 50 bps to 230.4 Kbps
メカニカル 
ハウジング ABS
重さ 85 ± 5 g
サイズ 90 x 60 x 21 mm
環境 
動作温度 0 to 55°C (32 to 131°F)
動作湿度 5 to 95% RH
保管温度 -20 to 75°C (-4 to 167°F)
電源 
入力電圧 9 to 30 VDC, 350 mA
電力消費 A52: 170 mA @ 9 V
A53: 285 mA @ 9 V
過電流保護 Protection against 2 signals shorted together
認定規格 
CE Class A
FCC Class A
保証 
保証期間 5 years
詳細 http://www.moxa.com/support/warranty.htm
製品のお問合せはこちら
5~6営業日で当社専任スタッフからご連絡致します。どんなご相談でもお気軽にお問合せ下さい。

前のページへ戻る

会員

会員限定は会員様限定のドキュメントとなっております。

会員登録していただくことでダウンロード可能になります。

すでに会員の方はこちら