取り扱い製品

前のページへ戻る

ストレインリリーフプレートとスチールフィックス ボウクランプStrain relief systems ストレインリリーフシステム

タブ

 

どんなシステムにも
適切なストレインリリーフ

 

ケーブルドラッグチェーンに通すケーブルやコンジットは、常にストレインリリーフ機構で固定する必要があります。
適切なストレインリリーフ機構はケーブルやコンジットの製品寿命を延ばします。

 

ZL(ストレインリリーフプレート)
このストレインリリーフ機構は結束バンドを用いる安全で費用効果の高いシステムになります。
ブッシング(ELB)によりプラスチックのコールドフローよるプレートの緩みを防止します。
スタンドオフ(DH)を使用すると、2段構造にすることもできます。

 

RS-ZL (ストレイン リリーフ付 フレーム ブリッジ)
ストレインリリーフ付フレームブリッジはケーブルドラッグチェーンのチェーンブラケットに押し込んで固定します。
チェーン(曲げ内側及び外側)の両端のそれぞれに2個のRS-ZLを取り付けることができます。
ケーブルは結束バンドを用いて固定します。

 

スチールフィックスボウクランプ
チェーンブラケットに組み込まれているCレール(スロット幅11mm)を使用して、スチールフィックスボウクランプを固定します。
ボウクランプは、ケーブルを3本まで縦に重ねて固定し、ストレインリリーフとして使用することができます。
標準品は、カソードディップコーティングが施され、腐食から保護されています。ステンレスモデルもあります

 

製品のお問合せはこちら
5~6営業日で当社専任スタッフからご連絡致します。どんなご相談でもお気軽にお問合せ下さい。

前のページへ戻る

会員

会員限定は会員様限定のドキュメントとなっております。

会員登録していただくことでダウンロード可能になります。

すでに会員の方はこちら