ケーメックステックプラス

【ツボその5】~鉄道・バス向けのネットワークシステムを構築するためのツボ

2017/03/06

王 剛(WangGang)
王 剛(WangGang)

WLANの自動ネットワーク構成や、高速ローミングが可能な鉄道・バス用専用装置

前回の後半では、鉄道・バス関係の厳しい品質規格にクリアしたMOXA製品について簡単に触れました。今回も鉄道・バス関係のイーサネット関連製品について、もう少し深堀りしたいと思います。

最近の鉄道・バスでは、運航情報を示すデジタルサイネージやPIS(Passenger Information System)、監視カメラなどが使われるようになってきました。そのためにネットワークで情報を送る必要があります。

しかし既存車両では、通信ケーブルを通せるようなアクセスルートは用意されていません。そこでケーブルを使わずに、ワイヤレスで通信を行う方法が採用されています。MOXAでは、車両間や地上インフラと通信するための専用ワイヤレスLAN製品のラインアップをご用意しています。

まず車両間の通信を行うための「Carriage to Carriage」のWLAN製品として、「AWK-5232-M12-RCC シリーズ」や「AWK-3131-M12-RCC シリーズ」があります。いずれもIEEE 802.11a/b/g/nに準拠したAP/ブリッジ/クライアントです。




前回も触れたとおり、MOXAの鉄道・バス用WLAN(Wireless LAN)製品は、耐振動・耐衝撃性などに優れていますが、それだけでなく車両通信に便利な独自機能も備えています。

たとえば、電車の車両を組み替えて使う場合には、親機のアクセスポイント(AP)と子機のクライアントの組み合わせも変わってしまいます。通信の関係が「親機-親機」「子機-子機」という接続になる場合は、WLANの設定を一から変更しなければなりません。

そこでMOXA製品では「ACC機能」(Auto Carriage Connection)と呼ばれる便利な機能を搭載しています。これは車両組み替え時に親機か子機かを判別し、自動でWLANを再構成してくれる機能です。

一方、車両と地上インフラ間の通信を行うための「Train-to-Ground」のWLAN製品ですが、こちらは車内カメラの映像を地上側でリアルタイムに監視したり、車両信号から列車の運行と制御を行うための「CBTC」(Communications-Based Train Control)のニーズに応えるものです。

そこでMOXA製品として、IEEE 802.11a/b/g で通信が可能なIP68ワイヤレスユニット「TAP-6226 Series」や、AP/クライアント「AWK-3121-RTG Series」をご用意しています。



ここで車上側APは子機になり、地上側のAPは親機になります。双方で通信を行う場合には、電車が高速で移動するため、ローミングも高速に行う必要があります。通常のカメラ映像では、だいたい10~30fpsのデータを送ることになりますので、高速で電車が移動する場合には、映像が途切れてしまうこともあります。

そこで登場するのが、MOXA製品のワイヤレスアクセスコントローラ「WAC-1001」や「WAC-2004」です。一般的なモバイルWLANでは、ローミング速度が1秒から数秒程度かかるといわれています。しかしMOXA製品のWACを使えば、最短50msという高速で切り替えが行え、映像も途切れずに快適に利用できるのです。


さて、MOXAでは車両内で使えるIPカメラもご用意しています。これらも前回ご紹介したとおり、欧州の鉄道規格である「EN50155」に準拠しており、耐環境性に優れています。

客室用カメラとして主流になっているオンボードIPカメラ「VPort P06-1MP-M12」や、非常電話のような使い方が可能なインターフォン付きIPカメラ「VPort P06HC-1MP-M12 Series」、運転席の前方・後方から外部を見るための専用IPカメラ「VPort P16-1MP-M12 Series」などがあります【★写真4】。





ほかにも鉄道用イーサネット製品として、リモートI/O「ioPAC 8000 Series」や、組込みPC「V2000A Series」、シリアルデバイスサーバ「NPort 5000AI-M12 Series」などのラインナップをそろえています。詳細に関しては弊社営業までご相談ください。

お問い合わせはこちら

王 剛(WangGang)

王 剛(WangGang)
プロダクトマネージャー

MOXA専任として累計8年間担当しております。MOXAの製品群はスイッチ、コンバータ、FA用PC、I/O、ビデオ監視、無線と多岐にわたりますが、個人的に一番得意で好きなのはスイッチングハブです。人と話すこと・交流することも大好きですので、プライベートではボランティア活動に参加しています。この個人的な特性を仕事に生かすとすれば、販売前のご提案と販売後のサポートになります。お客様とのコミュニケーションを大事にして高いレベルの対応ができるよう日々心がけております。